青グマ 種類

あなたのクマはホントに青クマ?クマの種類を確認する方法?

青グマ,種類

 

目の下のクマって本当に厄介ですよね〜。

 

すごく疲れて見えるし、不健康そうだし、老けて見えるし、良いこと何にもありません。

 

ちなみに、この目の下のクマには種類があるってご存知ですか?

 

一般的に知られているのが「青グマ」と呼ばれているクマで、寝不足や疲労などで出やすい症状になります。

 

青グマ以外にも、茶グマや黒グマというのがあって、茶グマは色素沈着、黒グマは加齢によるエイジングサインと言われています。

 

もし、あなたが今、目の下のクマを気にしているのであれば、そのクマの種類をはっきりさせることでより効果的なお手入れが可能になりますよ!

 

ということで今回は、目の下のクマの種類を確認する方法をご紹介します!

 

 

●目の下のクマの確認方法?

 

目のまわりの皮膚はとっても薄いので、クマができやすく悩みの種ですよね?

 

目の下のクマというと一般的には寝不足が原因といわれていますが、実は寝不足以外にもクマの原因はたくさんあるんです!

 

クマの種類は上で説明しましたが、それぞれの体質や骨格に違いがあるように、クマが目立ちやすい人と目立ちにくい人がいます。

 

クマが目立ちやすい人は見分けるのも簡単ですが、目立ちにくい人、自分にはクマなんてないと思っている人にも実は隠れクマが存在している可能性がありますので、しっかり見分けてくださいね!

 

 

・青グマの見分け方

 

青グマは、肉体的にも精神的にも「疲れ」が溜まっているときに発生しやすいといわれています。

 

疲れやストレスが溜まると血管が収縮し、目の周りの血液が血行不良になり、それが原因で出来るクマになります。

 

目の下に通っている血管がうっ血した状態で、青っぽく見えるので「青グマ」と呼ばれています。

 

青グマの見分け方としては、目の周りの皮膚を少し引っ張ると薄くなったり、クマにコンシーラーやファンデを塗ると簡単に消える(目立たなくなる)なら青グマです。

 

青グマというのは疲れで目の下の血液が透けて見えているだけなので、肌表面には問題ありません。

 

 

 

・茶グマの見分け方

 

茶グマは一般的には目の下の色素沈着と言われています。

 

目元に小さいシミやくすみができたり、メイク(特にアイメイク)を落としきれずに色素沈着したものがコレです。

 

茶グマの見分け方は、目の周りの肌を引っ張ってもクマが薄くならず、ファンデやコンシーラーで薄くなるなら、茶グマと言えるでしょう。

 

茶グマは、肌にシミ・色素沈着を起こしているため、美白ケアなどをしないと根本的には改善されません。

 

ただ、メイクで隠すことができるクマになります。

 

 

・黒グマの見分け方

 

黒グマは、目の周りの皮膚が加齢によりたるんできて、そのたるみによって黒い影ができたものになります。

 

つまり、黒グマの正体は「影」!

 

それなので、皮膚自体は黒くなっていないのが特徴です。

 

黒グマの見分け方は、鏡を見ながらあごを上げた状態にしたとき、クマが薄く目立たなくなります。

 

黒グマは影なので、ファンデやコンシーラーでカバーしても薄くなりませんから、もしアナタのクマが黒グマの場合、ほかの対策を練る必要があります。

 

 

●あなたのクマはホントに青クマ?クマの種類を確認する方法まとめ

 

いかがでしたか?

 

疲れて不健康そうに見えるクマは一刻も早くケアしたいですよね!

 

自分のクマの種類を見分けることができたら、今すぐそれぞれのクマに合わせた最適なお手入れを始めましょう。

 

青グマや茶グマなら、とりあえずメイクだけでもカバーできるので、ファンデやコンシーラーをお持ちでない方は、今すぐ化粧品コーナーにレッツゴー♪

 

目の下のクマをケアするだけで、実年齢がグーンと若返って見えるはずですよ!

青グマ,メイク

 

朝起きて鏡を見たら、まるで絵にかいたような青グマがっ!!

 

どうしよう〜、このままじゃ昨日徹夜して今日のプレゼン資料を準備したのが先方にバレバレじゃない!!

 

な〜んて、忙しいキャリアウーマンの方なら一度は経験があるのでは?

 

 

普段から生活習慣や食生活に気をつけていても、うっかり徹夜などしてしまうと、日頃の努力も水の泡。

 

クッキリとした青グマが目の下にできちゃうこともあります。

 

 

また、20代のころはオールなんて全然平気だったのに、30代に突入したころから少しずつムリが効かなくなって・・・なんて声も聞こえてきます。

 

かくいう私も、今ではどんなに楽しい飲み会でも、遅くとも22時には切り上げるようにしています。

 

まあ私の場合は前日の疲れがモロ顔に出るタイプなので仕方ありません。

 

 

ということで今回は、青グマをメイクで上手に隠す方法をご紹介いたします!

 

 

●青グマのカバーならコンシーラーはマストハブ!

 

青グマを消すためには、まずはコンシーラーを用意してください。

 

コンシーラーの色はオレンジ系です!!

 

コンシーラーの種類は、初心者ならクリームタイプがおススメですね。

 

中にはリキッドタイプや筆ペンタイプをすすめてくる美容部員さんもいますが、クリームタイプなら自分の指でトントンしながらつけられるので失敗が少なく使いやすいと思います!

 

もちろん、コンシーラーの種類も大切ですが、一番重要なのは「色」になります。

 

冒頭「オレンジ系で」とお伝えしましたが、青を消すのは反対色のオレンジや黄色が有効なんです。

 

黄色は青をカバーするのには良いのですが、肌にのせるとくすんで見えてしまうので、やっぱりオレンジが最適だと思います。

 

 

●アイメイクを始めるまでに蒸しタオルで目元ケア

 

オレンジ系のコンシーラーをゲットしたら、メイクを始める前に蒸しタオルで目元を温めましょう。

 

目まわりの血行を良くすることで、少しでも青グマを消すことができますし、目もパッチリしてアイメイクも映えますよ!

 

1分ほど蒸しタオルで目を温めたら、乾燥しないようにアイクリームを薄く塗ります。

 

このあとコンシーラーを使ってメイクを始めますので、アイクリームはあまりたっぷり塗らないように気をつけてください。

 

たっぷり塗ってしまうと、アイメイクがよれてしまいますからね。

 

 

●メイクの順番って?

 

下準備が整ったら、いよいよメイクのスタートです。

 

まずオレンジ系のクリームタイプのコンシーラーを指に取り、目の下3か所に少量ずつのせます。

 

そして、中指の腹を使い、トントンとなじませるように青グマの上に重ねていきます。

 

青グマが目立たなくなるまで、少しずつコンシーラーを重ねて調整します。

 

両目の青グマを消せたら、顔全体のファンデーションにすすんでください!

 

 

 

●青クマをメイクで上手に隠す方法?まとめ

 

メイクを始める前に、ちょっとした工夫でカバー力が格段に上がりますので、面倒がらずにやってみてください。

 

また、メイクはまず目元のコンシーラーを、続いて顔全体にファンデーションをのせた後、お粉で軽くパタパタすると自然な仕上がりになります。

 

ファンデーションをコンシーラーに重ねると、そこだけすごく厚塗り感が出てしまうので、重なるところは指で軽くなじませつつ、目元のベースメイクはなるべく薄く、が鉄則ですのでお忘れなく!

続きを読む≫ 2017/02/21 21:32:21

青グマ,食べ物

 

目の下の青グマに効果的な食べ物があるってご存知ですか?

 

青グマはクマの代表格といってもいいくらい、男女ともになりやすい肌トラブルの一種ですよね。

 

見た目にも不健康そうに見える青グマは、一刻も早く改善したいお悩みのひとつですが、一度できるとクセになるのかちょっとしたことでもすぐに出現するようになるのも厄介です。

 

目の下の青グマ、原因は一言でいってしまえば「目元の血行不良」なわけですが、これを改善する食べ物があるのなら積極的に摂りたいと思いませんか?

 

今回は青グマに効果があるといわれる食べ物を5つご紹介します!

 

あなたも早速これらの食品をとって、イヤな青グマを撃退しちゃいましょう♪

 

 

●オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネって知ってる?

 

青グマは血行不良やうっ血が原因ですから、血液をサラサラにする成分を積極的に摂ると良いといわれています。

 

その血液をサラサラにする食べ物の合言葉っていうのが、

 

 

「オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ」

 

 

なんですって!

 

なんか面白い言葉で、覚えやすくていいと思いませんか?

 

 

具体的には、オはお茶、サは魚、カは海藻類、ナは納豆、スは酢、キはキノコ、ヤは野菜、ネはネギ類、だぞうです。

 

一番初めのお茶は、オじゃないんじゃ?と思ったのは私だけではないはずですが、まあそこはサラッと流していきましょう。

 

とにかく、この「オサカナスキヤネ」は、目の下の青グマに限らず、血液がサラサラになる食材ということで健康にもとても良いので覚えておくと役に立つと思いますよ!

 

 

青グマに効果的な食べ物5選ということですが、この段階ですでに8選ですが気にしないでください(笑)。

 

 

●今注目されているのが「カシス」

 

カシスといえば、カシスオレンジ。略してカシオレ。

 

若い女性が好んでオーダーするカクテルのひとつですね。

 

お酒と言えば私はビールかワインなので、カシスオレンジのようなこじゃれた飲み物は縁がないのですが、そのカシスがどうやら青グマにかなりいいらしいのです!

 

というもの、カシスには「顔の血流量を向上させる働き」があるそうで、私はこの情報を見て、顔に限定されているってところに驚きました。

 

カシスにはカシスポリフェノールという成分が含まれていて、抹消血流を改善させることから顔の血行を促進させるのではないかと言われています。

 

お酒を飲めば血流が良くなり顔も赤くなりますが、カシスはとくに顔が赤くなるのかもしれません。

 

ある実験によると、カシスを摂ったあとに肌の色を調べたところ、肌が明るくなりクマが改善されたという結果が出たそうです。

 

すごい、カシス!!

 

ポリフェノールはぶどうやリンゴなどの果物に豊富に含まれていて、抗酸化作用やエイジングケア作用があることで有名ですが、カシスポリフェノールの存在は知らなかったのでこれから積極的に摂ろうと思います!

 

 

●青クマに効果な食べ物は?オススメ5選まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は衝撃の「オサカナスキヤネ」があり、それだけで8選になったので、カシスを含めるとおススメ9選ですね(笑)。

 

特に個人的にはカシスポリフェノールがクマに効くというのを初めて知ったので、すごく勉強になりました。

 

サプリやリキュールなどもあるようですが、ドライカシスというのをアマゾンで見つけたので早速購入しちゃいました!

 

見た目はブルーベリーみたいなんですが、ブルーベリーよりアントシアニンが豊富に含まれていて目の健康維持にかなりの効果が期待できそうですし、それだけでなく、血行不良によるくすみにも良さそう!

 

ある程度年齢を重ねると、目の下のクマはもちろん、顔全体のくすみもすごく気になるんですよね〜。

 

もしこれで効果があれば、私の美のパワーフードの仲間入り確定です(笑)。

 

みなさんも素敵な美容ライフをお過ごしくださいね〜♪

続きを読む≫ 2017/02/21 21:28:21

青グマ,消し方

 

目元の血行不良が原因で出現する青グマ。

 

アニメで疲れた人を表現するときには必ず目の下に細かい縦線を入れますが、それをするだけで一気に寝不足風に見えるから不思議です(笑)。

 

さて、そんな老け見えナンバーワンの青グマですが、自宅で簡単に消すことができたら嬉しいですよね♪

 

ということで今回は自宅でできる青グマの消し方を5つご紹介します!

 

 

●青グマを消すマッサージ

 

目まわりの血行不良が原因ですから、マッサージで血流を良くしてあげましょう!

 

やり方はとってもカンタン♪

 

目まわり専用のクリームなどを使い、両手の二指(中指と薬指)の腹を使い、目まわりの骨に沿って優しく左右5セットずつ、グルグルと優しくマッサージしていきます。

 

ここで注意することは、決して強くこすらないこと!

 

目元の皮膚は非常に薄いので、強くこすると摩擦によって乾燥したり、色素沈着を起こしたり、小じわの原因になったりします。

 

あと、マッサージをするときは必ずアイクリームを使ってください。アイキララなどはおススメですね。

 

滑りが良くなるので強くこすりすぎることを防ぎますし、アイクリームには血液の循環を促す成分が配合されているものもあるので、マッサージしながら更に血行促進させることも可能です。

 

 

●青グマを消すツボ押し

 

マッサージは指の腹を使って目まわりをグルグルするものでしたが、ツボ押しは中指の腹を使って1点をギュッと押していきます。

 

この場合は、いた気持ちいいくらいの圧をかけても大丈夫。

 

目の上の骨まわり3点(目尻、真ん中、目頭)、目の下の骨まわり3点(同じ)を1回5秒ずつ3セット行いましょう。

 

この時、眼球を直接指圧しないように注意してください。

 

押す場所はあくまで目のまわりの骨の直下あたりです。

 

 

●青グマを消すアイパック

 

アイパックはクマだけでなく、むくみや乾燥にも効くので是非マメに行ってください。

 

一番簡単なやり方は、コットン1枚にお使いのローションをたっぷり染み込ませて、真ん中から2枚に割き、それを両目にのせて約10分放置します。

 

そう、たったこれだけ。

 

ローションに含まれている美容成分が目まわりの皮膚にじわじわ浸透していくのと同時に、血管が収縮され滞っていた血液が徐々に流れ出します。

 

また、市販の温感アイマスクなどを併用すると、より血行促進されクマの撃退に役立ちますので是非お試しあれ♪

 

 

●青グマを消す目のストレッチ

 

これもとってもカンタン♪

 

目をギュッとつぶって5秒、パッと見開いて5秒。

 

これを5セット繰り返してください。

 

あまりに簡単で拍子抜けしてしまうかもしれませんが、このストレッチも意外と効果がありますよ。

 

私はよく満員電車の中で吊革につかまりながらこのストレッチをしています。

 

たまに、前に座っている人に見つかって恥ずかしい思いをしますが、まあそんなことは気にせず通勤時間を有意義に使ってください(笑)。

 

 

●青グマを消す食事

 

最後の方法は、少し時間がかかりますが根本改善が期待できますので、上の4つと組み合わせながら意識して取り組むと良いと思います。

 

まず、青グマの原因は血行不良ですから、血行を良くする食材を積極的に摂るように心がけましょう。

 

血行を良くする食材の代表選手が「ショウガ」。

 

生姜は体を温め血液循環を促しますので、冷えや疲れがたまっている人には大変おススメです!

 

摂り方は何でもいいのですが、簡単なのは生姜シロップなどを買って飲み物に混ぜる方法。

 

また、生姜をすってお味噌汁に入れるのも風味が出て美味しいですよ。

 

 

 

以上、自宅でできる!青クマの消し方【5選】でした!

 

どれも簡単で併用もできますので、いろいろ組み合わせて是非毎日楽しく取り組んでみてくださいね〜♪

 

続きを読む≫ 2017/02/21 21:24:21

青グマ,原因

 

前回、クマにも種類があることをお話ししましたが、

 

※クマの種類を確認する方法

 

その中でも、もっともメジャーで、悩んでいる人が多いのが「青グマ」になります。

 

青グマというのは、今を生きる女性の大半が抱える悩みと言っても過言ではありません!

 

今回は、そんな憎き青グマができちゃう、そもそもの原因について掘り下げていきたいと思います。

 

 

●青グマができちゃう原因は?

 

青グマの原因は、目元の血行不良です!

 

以上!!

 

 

っていうとこれで終わりになってしまいますので、もう少し詳しく説明しますね(笑)。

 

私たちの目の周りには、たくさんの毛細血管が張り巡らされています。

 

その血管を流れる血液が、何らかの原因(←ここが重要)で滞り、うっ血を起こすことで青グマが出現します。

 

 

この「何らかの原因」というのを知ることが、青グマ対策には一番必要なことです。

 

 

要は、目元の血行不良が青グマの原因なわけですから、血行不良になる理由を探ればおのずと答えは見つかるかも知れませんね!

 

 

ではでは、血行不良になるのは、以下のこんな生活習慣が原因です。

 

 

・睡眠不足

 

・ストレス

 

・疲労

 

・喫煙

 

・運動不足

 

・シャワーだけの入浴

 

・体の冷え

 

・バランスの悪い食事

 

 

おお〜、もしかしたら全てにチェックが入ってしまう人もいるんじゃないですか?

 

自慢じゃないけど私は5つチェックが入ってしまいました!

 

この中でも、特に上の2つ、睡眠不足とストレスは一発で青グマ発生の危険がありますね。

 

 

●青グマの特徴を知ろう!

 

青グマの特徴として、日によって状態が変化することです。

 

色素沈着タイプのクマや、たるみが原因の影によるクマの場合、体調が良かろうが悪かろうが、一度出現してしまえば簡単には消せません。

 

ところが青グマは、寝不足やその日の体調などによって出たり出なかったり、濃くなったり薄くなったりします。

 

青グマをポジティブにとらえれば、日頃の生活習慣に気をつけていれば、青グマ出現率を劇的に減らせるということ!

 

多忙を極め、寝不足が続くと高確率で青グマが発生しますが、休日に思いっきり寝てストレスや疲れを解消するとあっという間に消えてくれるクマ、ということになります。

 

 

●そもそも青クマができちゃう原因は?まとめ

 

いかがでしたか?

 

青グマのことを深く知ると、対策も見えてきて何とか乗り切れそうではありませんか?

 

他のクマに比べてケアしやすいのも嬉しいですし、何より自分の努力次第で効果がはっきりわかるものやる気が出るってものですよね!

 

青グマにお悩みのアナタ、生活習慣と食生活を見直して、イヤ〜な青グマとおさらばしちゃいましょう♪

続きを読む≫ 2017/02/21 21:20:21